葬祭の疑問に答えるインフォメーションサイト

スタンダートな家族葬のメリットとデメリット

家族葬の総合的なメリット

密葬の一種から家族葬という形で、葬儀の一形態としての再定義を要するほどに家族葬が選ばれるようになったのは、もちろん理由があってのことであり、核家族化が進むと共に個人主義的思想が広まり定着したことによって、近所づきあいは希薄化し、親戚間でつき合う機会が大幅に減じたことから、葬儀において一般的葬儀にあたる本葬を開くほどの規模を要しなくなったことがその主な要因となります。

また、家族葬の場合、伝統的な葬儀のような格式が求められることもなく、長時間を費やす必要はありませんし、故人の家族が喪主として要求される作業の多くは大幅に縮小されるなど総合的なコストパフォーマンスの面はもちろん、故人と慌ただしく別れる必要がないことも大きなメリットで、むしろ故人とのお別れの時間をゆっくりとれることの方がコスト面よりも大きいかもしれません。

意外と知られていない家族葬のデメリット

広く認知されはじめたことで今や葬儀の三割近いシェアを持つ家族葬にも残念ながらデメリットはあり、親族間や故人の友人といった家族葬に招かなかった相手からの反応はその典型例で、親しいという言葉への認識の相違もありますが、故人と近しい間柄であったと思っていながらいざ家族葬に招かれなかったことにショックを受けたり不満を抱いたりしたことによって遺族との間に確執が生まれるケースもあるようです。

加えて、香典の額が少額になることもデメリットとして挙げられ、故人の葬儀に際し金銭の話を考えるというのも不謹慎ではあるのですが、一般に香典は葬儀にかかった諸費用の補填に使われるため、軽視はできないデメリットであることは間違いないでしょう。


シェア
TOPへ戻る