葬祭の疑問に答えるインフォメーションサイト

家族葬の主催者や弔問客としての一般マナー

家族葬で呼ぶべきは

一般に家族葬では、喪主家族や故人と特に親しい間柄にあった親戚、友人による30人以下で行うのが主流で、どんなに多くとも50人以下に抑えるのがセオリーであることから、故人の親戚づきあいと交友範囲に依存するところが大きいものの、故人の親族のうち両親と兄弟姉妹には最低限連絡する必要があるでしょうし、故人宛の年賀状などから親しい間柄にあった友人等をピックアップすることも求められることになるのが必定でしょう。

親族が少ない場合、特に問題ありませんが、親族が多い場合兄弟等を優先しつつも、遠方で暮らす親族や、加齢ないし病気による身体機能の低下で介助を要する親族のように参列に時間を要する親族や介助を要する親族には、家族葬の旨を伝え、角を立てないように事前に断りを入れることも求められます。

参列の可否を判断する要点

家族葬への参列に関しては、ごくごくシンプルに喪主から家族葬に招かれたか否かだけが参加の是非を決定するファクターですが、基準としては訃報連絡をハガキや電話で受け、連絡時点で家族葬が執り行われていないことが最低条件で、家族葬の会場があまりに遠方であったり、訃報連絡を受けた本人や家族が用介助者であったりする場合など、先方に迷惑をかけかねない状況にあるのであれば、参列を控えなければなりません。

たとえ親しい人とのお別れに参列したくとも、喪主に過度な負担を強いるのは避け、一定の期間を開けてから遺族へ相談の上で弔問の許可を頂くのが、親戚や友人から、家族葬を選んだ故人や遺族へ払うべき礼儀であり手向けではないでしょうか。


シェア
TOPへ戻る